健康プラザ

脈の乱れ –心房細動- の話

菱田 仁氏
菱田 仁(ひしだ ひとし)
医療法人誠厚会・名駅前診療所保健医療センター所長
前 藤田保健衛生大学病院 院長

昭和40年、名古屋大学医学部卒業。同大学大学院修了、医学博士。名古屋大学第一内科副手、名古屋保健衛生大学(現・藤田保健衛生大学)内科講師、助教授を経て昭和63年教授、平成18年2月より病院長。平成21年4月より医療法人誠厚会・名駅前診療所保健医療センター所長。専門は臨床心臓病学、特に心不全、虚血性心疾患、画像診断。

以前この欄で「心臓が原因の脳梗塞」というテーマで心房細動を取り上げたことがあります。それから10年、心房細動は、地域医療に従事する開業医にとっても、身近で関心の高い疾患になりました。高齢者が増えて心房細動が増えたためと治療に大きな進歩があったからです。
健康な人の心臓は、1分間におおよそ60回から100回くらいの頻度で規則正しく拍動しています。それは脈を診れば分かります。そのペースが乱れた状態、即ち、それよりペースが速くなったり遅くなったり、または不規則になったりした状態を不整脈と呼びます。心房細動はそのうちの一つです。
心房細動の特徴は、心房が効率良く収縮できずに心房の中で血液がうっ滞することと、脈のリズムの規則性が全く失われることです。

《心房細動を知ろう》

心房細動は心臓弁膜症などが原因で生じますが、心臓の老化によっても起きると考えられています。60歳を超えると起きやすくなり、80歳になると20人に1人は心房細動にかかると言われています。
心房細動は発症しても、始めの頃は発作性で、起きても暫くして自然に治ります。年月が経つにつれて、発作が頻繁に起きるようになり、また治りにくくなり、ついには慢性化する、という経過をたどります。また、起き始めの頃は、心臓の拍動の異常や胸苦しさなどを感じますが、そのうちに慣れて自覚症状が無くなってしまう傾向があります。患者本人の自覚症状が全くなく、健康診断で見つかることもあります。
心房細動によって生じる合併症として最も重大なのが脳梗塞です。これは心房内で血液がうっ滞することが原因です。血液はうっ滞すると固まり易くなり、血栓ができます。それが血流に乗って脳血管に到達して詰まると、血流が途絶して脳組織の一部が死んでしまいます。その結果、半身麻痺、失語症といった悲惨な後遺症を残すことになります。
一方、脈の不整は前記のような自覚症状の原因となりますが、頻脈を伴って長く続くと、心不全を発症します。

《血液さらさら療法》

さて、心房細動が老化現象だとすると、心房細動そのものを根治することは困難ということになります。しかし、脳梗塞の合併だけは避けたい。そこで行われるのが抗血栓療法、いわゆる“血液さらさら療法”です。これまではワーファリンという薬が用いられてきましたが、納豆が食べられない、他の薬との相互作用がある、定期的に検査が必要などの制約がありました。最近、それらの必要がない新薬が登場して治療がし易くなりました。心房細動と診断されたら、発作性であっても、抗血栓療法だけはなるべく行った方がよいと思われます(脳梗塞を発症し易いかどうか判定するためのスコアがあり、それを参考にします)。
勿論、心房細動による脈の不整や頻脈を自覚して苦痛を感じる人や、また、心不全に陥る人では、薬物により頻脈を抑制したり、また心房細動そのものを治すことを試みます。しかし薬物治療は副作用を伴い、効果も十分ではありません。急を要するときは電気ショックをかけることもあります。

《アブレーション手術の進歩》

そこで、最近は、根治が期待できるアブレーション手術が盛んに行われています。心臓カテーテルを挿入し、その先端を心房細動の起源となる肺静脈に押し当てて、標的部位を加熱または冷却して治療します。コンピュータの助けを借りて、かなり安全に確実に施行できるようになりました。専門病院では年間数百人の人がこの手術を受けています。新しい抗血栓薬の登場とアブレーション技術の進歩により、心房細動の治療は大きな進歩を遂げたといってよいでしょう。
ところで、心房細動は高齢者に多い病気ですが、超高齢者が心房細動であることが分かったとして、一定のリスクを伴う治療をどこまで積極的に行うかは悩ましいところです。一方、60歳前後の働き盛りの人にとっては、心房細動は、脳梗塞という重大な合併症を引き起こす恐れがあることを考えると、見過ごすことのできないものです。もし脈のリズムがバラバラだと指摘されたり、心房細動を疑われたら、自覚症状がないからと言って放置せずに、速やかに診断を確定して治療方針を決めるべきです。

2018 vol.32