ためして!漢方

かぜ

新井信氏
新井 信(あらい まこと)
東海大学医学部専門診療学系漢方医学・教授

医師、薬剤師、医学博士。昭和56年東北大学薬学部卒、昭和63年新潟大学医学部卒。東京女子医科大学消化器内科、同大学附属東洋医学研究所を経て、平成17年東海大学医学部東洋医学講座助教授、平成29年4月より現職。早稲田大学、新潟大学ほか非常勤講師なども務める。総合内科専門医、漢方専門医・指導医、(社)和漢医薬学会理事。主な著書:『症例でわかる漢方薬入門』(日中出版)

毎年寒い季節になると、喉の痛みから始まり、38℃台の熱を出し、すっきり治らずに咳や鼻水が長引くことがよくあります。長引かせず早く治すためにはどのような漢方がよいのでしょうか?また長引いてしまった時に良い漢方はありますか?
(45歳、女性)

冬にひくかぜのほとんどはウイルスが原因です。ウイルスには細菌感染に用いる抗生物質が効かず、また冬のかぜの原因となるウイルスは種類が多種多様で、有効な抗ウイルス薬もありません。ですから、西洋医学では一般に喉の痛みや発熱に対しては解熱鎮痛薬、咳に対しては鎮咳薬、鼻水に対しては抗ヒスタミン薬など、対症的な治療を行います。

漢方治療でかぜを考えるとき、まずかぜの陰陽を判断します。陽のかぜは顔面が真っ赤で熱感があることが特徴で、若い人によくみられます。一方、陰のかぜは顔面が青白く、寒気ばかりで熱感がないもので、主にお年寄りのかぜがこのタイプです。

陽のかぜのひきはじめに最もよく用いる処方が葛根湯(かっこんとう)です。寒気、咽頭痛、頭痛、関節痛、鼻閉、首こりなどが葛根湯を使う目安になりますが、かぜが長引いて、口が苦い、粘つく、味がまずいなどの胃腸症状が出てきたら小柴胡湯(しょうさいことう)の出番になります。かぜを早く治すコツは、この葛根湯を飲むタイミングを見逃さないことです。ゾクッとしてかぜの予感がしたら、迷わずすぐに葛根湯を飲むことです。一般的なかぜでは初めの3、4日が葛根湯のステージと考えてよいでしょう。もしも寒気が強いときには、葛根湯エキスを湯飲み茶碗に半分程度のお湯に溶き、小指頭大の新鮮な生姜の絞り汁を加えて服用し、その日は体を温めて早く寝るとさらに効果的です。小柴胡湯が必要な時期までこじらせてしまうと、治るまでに時間がかかります。

陽のかぜでも、子供で症状が激しい場合は麻黄湯(まおうとう)、アレルギー性鼻炎のようにくしゃみと鼻水が出る場合は小青竜湯(しょうせいりゅうとう)、寒気よりも倦怠感が強い人には香蘇散(こうそさん)をお勧めします。陰のかぜで寒気が強い人、つまりお年寄りのかぜのひきはじめには麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)がよく効きます。また、咳発作には麦門冬湯(ばくもんどうとう)、気管支炎で咳や息苦しさが続けば柴朴湯(さいぼくとう)が有効です。

かぜを早く治すには、第一に自分のかぜのパターンを知り、自分に合ったかぜの漢方薬を準備しておくことです。とにかく、かぜの予感がしたら漢方薬を早く飲み、その日は早く寝ることが重要です。そうすれば、この冬、きっとあなたもかぜのことを忘れてしまうでしょう。

2018 vol.32