ふれあいコーナー

読者のひろば

観てました!「柔道一直線」。吉沢京子さんのフレッシュな笑顔が素敵でした。あれから50年近くの年月が流れ、今はしっとりとした美しい女性になられて…。踊りの師範でいらっしゃるとか。自分も人をも大切に生きてこられたのでしょう。穏やかな笑顔がすべてを語っておられるようです。私も自分をおろそかにせず、常に好奇心を持って、心は若くありたいと思いました。

 

手帳に、日々「良かったこと」を書いています。頑張れたこと、面白かったこと、嬉しかった、楽しかった、美味しかった、プレゼントされた、アイデア、断捨離した物…何でもです!!ふり返って、まんざらでもない私の1年があります。

フレッシュ(福島県 62歳 主婦)
 
あにまる(茨城県 49歳 会社員)

両親が東京に遊びに来たので、落ち着きのある日暮里や浅草を案内しようと思っていたら、「渋谷のスクランブル交差点が見たい」「原宿でクレープを食べたい」とリクエストされてびっくりしました(笑)。見た目はすっかりおじいちゃんとおばあちゃんだけど、内面は若々しく元気なままだと、嬉しく思いました。

 

主人が80歳を過ぎ、息子から運転免許を返納するよう説得され、なかなか納得せず、数ヶ月かけて納得したことを思い出しました。やはり、助手席に乗っていても危険を感じましたし、送迎してくれる優しさは嬉しいのですが、事故を起こすのではと心配の日々でした。他人を傷つけることなく運転免許返納できて本当によかったと思います。

あさりちゃん(東京都 31歳 会社員)
 
和子(青森県 80歳)

一日の仕事を終えて、ホッと一息つく夜の一人の時間、お茶を片手に読書する時間を持てることに感謝しています。そんな時たくさんの本の中から何を読むか悩みますが、「応援選書」はとても参考になります。読んだ後、自分の生き方を応援してくれていると感じる時があって苦労がスーッと軽くなります。

 

「脳活性クイズ」を楽しみにしております。“難しい、でもおもしろい!”とありますが、本当にその通り!答えがわかった時の達成感、満足感は言うまでもなく、今まで知らなかった漢字がわかり、意味を知り(辞書を引き引き)“わかることの喜び”に年齢は関係がないことを改めて感じております。

T・M(神奈川県 65歳)
 
としこ(北海道 81歳 主婦)

今年娘が小学校に入学しました。毎日、「今日は学校どうだった?」と聞くのですが、「今日はバスの中で緊急大手術した!」とか「今日は、銃で先生が私を撃った!!」などと言うのでビックリしていると心電図検査と徒競走の練習でした(笑)。毎日がドキドキの連続のようです。

 

今年91歳になる母が3年前位から耳が遠くなり、補聴器を購入しました。それでも固定電話の相手の声が聞こえなく困っていました。そんな時ケイタイショップでその話をしたら、スマホなら聞こえるかもと言うので試してみると聞こえたのです。91歳の母が最新のスマホを持っていますが、電話以外の機能は全く使えません。それでも、友達や妹とスマホで話す姿はとてもうれしそうで、十分な価値があると感じています。

ミロ(宮城県 37歳 会社員)
 
総裁(北海道 59歳)
2018 vol.32