top

取扱製品一覧

ホーム>取扱製品一覧>救心のかぜ薬赤箱
救心のかぜ薬赤箱 第2類医薬品
ひきはじめの風邪に葛根湯エキス配合
救心のかぜ薬赤箱 第2類医薬品

こんなときにお試しください

  • 寒けがする、くしゃみや鼻みずがでる、頭が痛いといったひきはじめのかぜに
包装 希望小売価格
(消費税別)
包装形態
12包 1,700円 アルミ分包 / 紙箱

添付文書ダウンロード(PDF)

製品特長

  1. 古くからかぜの治療に用いられてきた漢方処方<葛根湯(カッコントウ)>のエキスに、解熱鎮痛剤、抗ヒスタミン剤、鎮咳去痰剤などを配合しました。漢方薬と洋薬の特有の作用で、かぜの諸症状にすぐれた効きめを現します。
  2. かぜのひきはじめ特有の悪寒、発熱、頭痛には「救心のかぜ薬赤箱」を、長びいたり、胃腸症状を伴ったかぜには「救心のかぜ薬白箱」をお使いください。
  3. 胃に刺激の少ない解熱鎮痛剤「アセトアミノフェン」を配合していますので、胃にやさしいかぜ薬です。
  4. 漢方薬の香味に適度の甘みを加えていますので、とてものみやすくなっています。薬ぎらいの方にもおすすめします。

成分

3包(1包1.2g)中に次の成分を含みます。

成分 分量 主な作用
葛根湯乾燥エキス(漢方薬)
(カッコン1.6g、マオウ0.8g、ショウキョウ0.2g、タイソウ0.8g、ケイヒ0.6g、シャクヤク0.6g、カンゾウ0.4g、全量5gより抽出した乾燥エキス)
800mg 漢方医学の原点「傷寒論(しょうかんろん)」に収載され、古くからかぜの治療に用いられてきました。特に、かぜのひきはじめに効果的で、発汗をうながし、悪寒、発熱、頭痛などを軽快させます。
アセトアミノフェン
(解熱鎮痛剤)
720mg 熱を下げ、頭痛やのど、関節、筋肉などの痛みをしずめます。
d-クロルフェニラミンマレイン酸塩
(抗ヒスタミン剤)
3.5mg くしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどのアレルギー症状をおさえます。
チペピジンヒベンズ酸塩
(鎮咳去痰剤)
75mg せきをしずめ、たんを切ります。
無水カフェイン
(カフェイン剤)
150mg 痛みをしずめるはたらきを助けます。

添加物として乳糖、サッカリンNa、ヒドロキシプロピルセルロース、タルク、ヒドロキシプロピルスターチ、セルロース、無水ケイ酸を含有します。

効能

かぜの諸症状(悪寒、発熱、頭痛、くしゃみ、のどの痛み、鼻みず、鼻づまり、せき、たん、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

用法・用量

大人(15才以上)1回1包、11〜14才1回2/3包、7〜10才1回1/2包、3〜6才1回1/3包、1日3回、食後なるべく30分以内に水またはお湯で服用してください。

  1. 用法・用量を厳守すること
  2. 小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること

剤型

黄かっ色〜かっ色の顆粒