top

「救心」について

ホーム>「救心」について>自然の生薬が配合されています

自然の生薬が配合されています

「救心」に配合されている生薬を簡単にご紹介します

鹿茸(ロクジョウ)

鹿茸(ロクジョウ)

雄のシカのまだ角化していない幼角で、強壮作用や強心作用によって、動悸(どうき)や息切れを改善するとともに気力を高めます。
牛黄(ゴオウ)

牛黄(ゴオウ)

ウシの胆嚢にまれに発見される結石で、強心作用や鎮静作用によって動悸(どうき)を改善し、気つけ効果を現します。
蟾酥(センソ)

蟾酥(センソ)

シナヒキガエルの腺分泌物で、交感神経の興奮を鎮め、呼吸機能を盛んにするとともに、心筋の収縮力を高めて全身の血液循環を改善します。
羚羊角(レイヨウカク)

羚羊角(レイヨウカク)

サイガレイヨウの角を粉末にしたもので、鎮静作用により神経の緊張を和らげます。
人参(ニンジン)

人参(ニンジン)

オタネニンジンの根を乾燥したもので強壮作用があります。

沈香(ジンコウ)

沈香樹(ジンコウジュ)の木材部が樹脂化したもので、呼吸機能を助けたり、鎮静作用により神経の緊張を和らげます。

真珠(シンジュ)

アコヤガイ等からとれた真珠を粉末にしたもので、鎮静作用により神経の緊張を和らげます。

龍脳(リュウノウ)

リュウノウジュの樹幹の空隙にできた結晶で、呼吸機能を高め、意識をはっきりさせる働きがあります。

動物胆(ドウブツタン)

ブタの胆汁を乾燥させたもので、消化器の働きをよくし、他の成分の吸収を助けます。